失敗しない美味しいトマトの作り方は、やはり愛情が必要です。
トマトの病気や害虫対策として、コンパニオンプランツが有効とか。
よく知られているものでは、「ニラ」や「落花生」が有名です。

トマトは、本当に色々な病気にかかる野菜として一般的です。

「萎凋病(イチョウビョウ)」「青枯れ病」等の土壌伝染病対策

これらの菌は、ニラをトマトの根鉢にくっつけて植えると有効です。
このような植物は、コンパニオンプランツと一般的に言われています。

農薬を使わず、無農薬で育てるには、色々と工夫が必要なのですね。

さて、
失敗しない美味しいトマトの作り方・連作を避けて・・・・の続きです。

連作を避けて土作りができたら、次は適期のトマトの苗を植え付けます。

適期のトマトとは、苗の上から1段目の花が咲き出す頃の苗です。
早すぎたり、遅すぎると病害虫が発生しやすいので注意です。

風などで苗が倒れないよう、仮支柱を外側から斜めに立てます。
伸びすぎた苗は、根元を曲げて土に埋めて植えると良いでしょう。

tomato1

トマトを1条植えする場合は「直立式」で、支柱を立てます。
2条植えでは、「合掌式」に支柱を立てるのが一般的です。

支柱の簡単な立て方

失敗しない美味しいトマトの作り方
失敗しない美味しいトマトの作り方・南米産だから・・・
失敗しない美味しいトマトの作り方・連作を避けて・・・・
失敗しない美味しいトマトの作り方・コンパニオンプランツ
失敗しない美味しいトマトの作り方・わき芽と追肥
福竹ファーム(楽農園・柳谷)晴耕雨読な日々