家庭菜園での鳥の被害が、見かけることが多くなりました。
川西市貸し農園・福竹ファームも、被害が相次いでいます。

2015070808gou0

せっかく育てた農作物が、人より先にやられてしまうのです。
鳥や獣に食べられままでは、実は困ったことになるのです。

鳥獣害対策は、被害が出始めたら即対応しないとだめです。
放っておくと、動物達は食べ物の味を覚えてしまうのです。

そして、その場所に執着し、被害が続くわけですね。

鳥獣害対策をしない事=====>>「餌付け」

動物たちの餌場と化した家庭菜園、見るも無惨な姿になります。

家庭菜園での鳥獣害対策のポイント

・餌を見せない工夫をする

2015070808gou1

多くの動物は警戒心が強く、常に目で見て安全を確認します。
彼らの視界を遮るような工夫は、効果を発揮するはずです。

しかし、設置しっぱなしでは、動物にも学習効果があるのです。
設置で安心してしまい、動物に侵入のチャンスを与えてしまいます。

やはり、入られたら早めの対応し、常に柵等も変化が必要です。
「簡単に餌を食べられない」という工夫は、みんなの協力が必要です。

今日も収穫前のキュウリが、とても残念な光景ですね。
2015070808gou2