川西市貸し農園・福竹ファーム周辺は、多くの貸し農園があります。
野菜の生育状況も良く、既に収穫の時期を迎えている畑があります。

しかし、家庭菜園のリスクである鳥獣害とは無縁ではなさそうです。
電柵等での猪対策はされていましたが、それにも抜け穴がありました。

雑食性で果実を菜食する野生動物、そうアライグマやイタチ対策です。
イタチの仲間のハクビシンもテンは、無視できない存在になっています。

貸し農園のお隣の畑では、トウモロコシが大きな被害を受けました。
araiguma0

ちょうど収穫寸前で、野生動物たちは敏感に感じ取っているのですね。
しかも、食後の片付けも丁寧で、食べかすは積み重ねてありました。

ついでに美味しそうな芋も、この小動物はいただいていました。
araiguma1

この小動物は、柵も越えて中に入ってトウモロコシを食したのです。
何とも知恵があり、その正体にとても興味がひかれました。
早速、被害現場について色々と調査してみたいと思っています。