川西市貸し農園・福竹ファームでも、あの落花生が栽培されています。
落花生は栽培しやすいですが、家庭菜園では敬遠される野菜です。

その落花生栽培のデメリットとは、長い栽培期間にあるのでしょう。
落花生の栽培は、比較的簡単でプランターでも可能な野菜です。

しかし、一番のネックは、落花生の栽培期間が長すぎることです。
種まきは5月頃で、落花生の実の収穫は収穫が10月だからです。

その長い期間畑を占有し、他の野菜の作付け等ができないからです。
限られた面積の家庭菜園では、このような野菜は敬遠されるのです。

黄色の花がしぼみ、つけ根の子房柄(しぼうへい)が地中に潜ります。
地中で育って実になるという、とても珍しい育ち方の野菜です。
2015070512gou
収穫した落花生のレシピは、何と言っても生の塩ゆで料理です。
枝豆とは違い、なかなか癖になる美味しさと評判です。

もう一つは、天日干した後、サヤを切り離して実を取り出します。
バターを加え、フライパンで空炒りし塩を加えて完成です。

香ばしい色とバターの艶で、とても美味しいレシピです。
さあ、この落花生は、どんなレシピで料理されるのでしょうか。
2015070512gou1