川西市家庭菜園・福竹ファームでも、鳥獣害対策が試みられています。
家庭菜園の周辺の農地では、アライグマカラスの被害が多くなりました。

貸し農園でも果実が実り、そろそろ収穫の時期を迎えています。
利用者の方は、毎日、この収穫を心待ちに栽培されていました。

福竹ファームでの収穫の前に、鳥たちのえさになってしまいました。
そこで、ファーム内でも、色々な鳥対策が見られるようになりました。

2015062812gou
これも防虫ネットを代用し、カラス対策に応用されたケースです。

2015062811gou
竹材を使用し、頑丈な柵を設置し、周りをネットで囲ったケースです。
お隣の畑では、この高さの柵を乗り越えられて被害に遭っています。

トウモロコシが目当てだったのか、とても綺麗に完食していました。
キュウリ類は、カラスの大好物か、かなり被害が目立っています。

2015062813gou
これも竹材を使用して、ミニハウスにして周りをネットで囲っています。
次の段階としては、ビニールハウス化を目標として制作されています。

家庭菜園での野菜栽培は、病害虫だけでなく鳥や獣対策も必要ですね。
農業をされておられる方のご苦労が、本当に痛感するようになりました。