家庭菜園での病虫害や鳥獣害対策として、ビニールハウス化を推進中。
とはいえ、家庭菜園でのデメリットは無視できず、課題も多いのですが。

「迷って留まっているよりも、動きながら考える!」とチャレンジ第2号。
思っていたよりも時間がかかり、ようやくハウスの骨格が完成です。

binihouse0

家庭菜園が、思っていたよりも平らでないのも原因の一つです。
また、竹材を割っての準備に時間がかかったのも要因かも、、。

色々と原因はあるが、何とかビニールハウスの骨格が完成です。
ハウスの形状はしているが、別にビニールを貼る必要はありません。

防虫ネットや防鳥ネットの組み合わで、空調の問題もクリアーするはず。
天井は透明ビニール、壁はネット類で保護し、鳥や害虫対策です。

binihouse1
とはいえ、家庭菜園なのでサイズが小さく、問題点も出てきそうです。
まあ、何事もやってみないと分からないもの、要は行動あるのみです。

台風や風の対策は不十分ですが、取り外しが容易なのでクリアーか。
暑く紫外線の厳しい季節、何だかの効果を発揮してくれるはずです。

失敗を怖れて何もしないより、行動で結果を出していきたいです。
何と言っても格安で、やり直しができ、取り外しも簡単ですから。